ホーム > >データセンター関連トレーニング > 次世代データセンターの『技術』と『人材』

次世代データセンターの技術と人材

データセンター

新しいデータセンター時代の仮想化と自動化

現在のデータセンターは社内の集中化したサーバーシステムの拠点であり、オンプレミスのシステムからクラウドコンピューティングへ変革を遂げつつあります。
クラウドコンピューティングの本質は、ビジネスロジックやコンピューティングリソースを動的に利用できることです。今までのIT基盤は、物理サーバーの調達を起点とし、ソフトウェアの導入、設定、運用管理などに多くの時間とコストがかかっていました。しかし、サーバーを仮想化することで、リソースの動的な追加や拡張が容易になりました。また、サーバーとストレージを分割管理することで、仮想化したサーバーを別の物理コンピューターに移動することが容易になりました。

最近、SDx (Software-Defined Anything)という言葉を頻繁に耳にします。
SDxとは、ITインフラの物理資源(サーバー、ストレージ、ネットワーク等)をソフトウエアから制御する技術の総称です。現在、サーバー、ストレージ、ネットワークなど、あらゆるITコンポーネントが仮想化され、自動的に最適化される方向へ進んでいます。これからのデータセンターは、物理資源を仮想化・プールし、管理を自動化するとともに必要に応じて俊敏に変更できる SDDC (Software-Defined Data Center) が一般化するでしょう。

このように、今後数年でIT基盤が大きく変化し、新しい技術が必要になることが予想されます。今から将来のIT基盤の変化に対応できるようなスキルを身につけていきましょう。

統合管理技術
統合管理技術 サーバーの仮想化 統合管理技術
ブレードサーバー
統合ネットワーク
ストレージの仮想化 統合管理技術
統合管理技術
               

図:データセンター技術の概略図(各要素をクリックすると解説へジャンプします。)



次世代データセンターで『求められる技術』、『求められる人材』とは?

これからのIT基盤を運営する次世代データセンターでは、どのような技術が求められるでしょうか。


データセンターの概要を知るには

営業やプリセールスエンジニアも新しいデータセンターの概念を理解しておく必要があります。
データセンターオーバービュー」では、データセンターで利用される技術や関連用語をまとめて解説し、データセンターやプライベートクラウドの構成要素の全体像を1日間で効率的に学習することができます。

ブレードサーバー

データセンターで一般的に採用されているブレードサーバーは、1つの筐体内のCPU個数を増やしてCPU密度を上げ、電源やネットワークは筐体全体で共有します。このため、各CPUにどのように電源やネットワークを割り当てるのかを管理することが必要になります。しかし、ブレードサーバー技術は各メーカー固有の技術であり標準化されていません。このため、メーカー独自の製品管理技術を修得することが必要です。
現在、サーバー市場で大きくシェアを伸ばしている Cisco Unified Computing System (UCS) は、サーバー、LAN、SANをまとめて管理できるため、管理負荷やTCOを削減できます。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
CSC0303V 5日間 395,000円
CSC0306V 3日間 375,000円
CSC0279V 3日間 375,000円
CSC0284V 3日間 330,000円
CSC0320V 3日間 384,000円
               

その他 Ciscoデータセンター(UCS) 関連トレーニングの一覧へ


↑ページの先頭へ戻る



統合ネットワーク

ネットワーク技術も大きく変化しています。当初、サーバーは従来のネットワークとSAN (Storage Area Network) を個別に持っていましたが、最近はネットワークとSANの統合技術が使用されるようになってきています。
現在のデータセンターネットワークでは、VLANやリンクアグリゲーションなどの従来のネットワーク技術に加えて、iSCSI、FCoEなどの統合ストレージネットワークプロトコロルも同時に使用します。このため、従来のネットワークエンジニアがストレージネットワークも把握し、管理することが必要です。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
CSC0303V 5日間 395,000円
CSC0305V 3日間 360,000円
CSC0280V 3日間 360,000円
CSC0321V 2日間 240,000円
               

その他 Ciscoデータセンター(Nexus) 関連トレーニングの一覧へ


↑ページの先頭へ戻る




サーバーの仮想化

データセンターでは、VMware vSphereやMicrosoft Hyper-Vなどのハイパーバイザーによって仮想化されたサーバーが動作します。仮想サーバーは、従来と比べ、バックアップや復元をより迅速に行うことができます。例えば、ストレージの機能を使えば、OSやハイパーバイザーのオーバーヘッドなしにスナップショットバックアップを完了できます。さらに仮想化の特徴を生かし、仮想サーバーを別な物理サーバーへ稼働したまま移動するライブマイグレーションを使えば、ディザスターリカバリーも実現できます。データセンター時代の管理者は、サーバーOSだけでなく、これらの仮想化技術を把握し、運用することが必要です。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MSC0458V 1日間 60,000円
NFC0082R 5日間 384,500円
LUC0060R 4日間 312,000円
NFC0150R 5日間 495,000円
               

その他 仮想化&クラウド 関連トレーニングの一覧へ


↑ページの先頭へ戻る




ストレージの仮想化

サーバー仮想化が進み、データ量が飛躍的に増加する中、ストレージの重要度も高まっています。 ストレージ製品には、RAIDやデータ保護の管理といった基本機能はもちろん、データの保存を効率化する重複排除やシン・プロビジョニングなどの機能、クローン技術、サイト間でのレプリケーション、フラッシュデバイスを活用した高速化など、様々な機能が用意されています。
データセンター時代の管理者は、ストレージシステムの技術も把握し、データを高性能で安全に運用しなければいけません。今後はストレージも仮想化され、必要に応じて動的に割り当てられる「Software-Defined Storage」が実現されるでしょう。


コースコード コース名 期間 価格(税抜)
NFC0076V 2日間 190,000円
NFC0145V 3日間 285,000円
NFC0146V 2日間 190,000円
               

その他 NetApp ストレージ 関連トレーニングの一覧へ


↑ページの先頭へ戻る



統合管理技術

データセンター内のプライベートクラウドを運用するためには、必要に応じて仮想サーバーを作成し、CPU、メモリ、ネットワーク、ストレージなどのハードウェア資源を自由に割り当てられる環境を構築しなければいけません。このために、MicrosoftのSystem Center、VMWare vCenter/vClound、OpenStackなどの統合運用管理環境を導入することが増えてくるでしょう。これからのデータセンターには、このような統合管理ツールの技術も必須です。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MSC0384V 5日間 250,000円
NFC0056R 3日間 260,000円
NFC0075R 3日間 198,000円
NFC0140R 2日間 132,000円
NFC0141R 1日間 66,000円
NFC0142R 1日間 60,000円
NFC0120R 4日間 216,000円
               

その他 システム統合管理 関連トレーニングの一覧へ


↑ページの先頭へ戻る



※データセンターのファシリティ(施設)に関するトレーニングは「HP社主催 データセンターファシリティ認定資格対応トレーニングコース」をご覧ください。

無料セミナーやキャンペーンの情報をお届けします!

DM・メルマガ

グローバルナレッジの最新情報を毎週1回メールマガジンでお届けしています。
PC、タブレット、スマートフォンなど、いつもの端末でお気軽にお読みになれます。

メールマガジンを登録する