Microsoft Azure関連トレーニング

Microsoft Azure

攻めのIT経営を実現する一つの手段として、クラウドが注目されています。クラウドの活用により、ビジネスの変化に迅速・柔軟に対応することができます。代表的なクラウドサービスの一つであるMicrosoft Azureは、クラウド市場において著しい成長をしています。

Microsoft Azureのメリット

Microsoft Azureは、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)およびサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)の両面で、ガートナー社により業界のリーダーに格付けされた唯一のメジャークラウドプラットフォームです。

ハイブリッドクラウドを有効活用するためには、今までの使い勝手を維持しつつ、オンプレミスとクラウドを横断的に管理できることが重要です。Microsoft Azureには、以下のようなメリットがあります。

既存システムとの高い親和性

Azureで提供されるサービスの多くは、オンプレミスで使用しているWindows Serverやその他のサーバー製品と容易に連携できます。例えば、Hyper-Vで稼働中の仮想マシンを、簡単な作業でクラウドに移行可能です。

ハイブリッドな環境でも管理が簡単

Microsoft System Center製品は、Microsoft Azureを標準でサポートします。社内と同じようにAzure環境のサービスの起動、停止などの操作を行えるため、社内とクラウドで管理ツールを使い分ける必要がありません。

認証を社内や他のクラウドと統合可能

社内のActive DirectoryやOffice 365などのIDと認証を統合できます。IDと認証の統合により、社内のActive Directoryで認証されたユーザーはMicrosoft Azure、Office 365、Dynamics CRM Onlineなどのクラウドサービスをそのまま利用できます。

↑ページの先頭へ戻る

Microsoft Azureの代表的な利用パターン

代表的なサービス
Microsoft Azure

Microsoft Azure

PaaS Microsoft Azureで提供されているサービスを組み合わせてシステムを構築する アプリサービス SQL Database
IaaS Microsoft Azure上に仮想サーバーをたててシステムを構築する Virtual Machines
インターネット
オンプレミス

オンプレミス

businessman PC PC サーバ


↑ページの先頭へ戻る

短期間でポイントを学びたい方向けのコース

Azure上に仮想サーバーをたててシステムを構築したい方

Microsoft AzureによるITインフラの拡張

Microsoft AzureのIaaSを使えば、Microsoft Azure上にサーバーを構築することができます。
Microsoft Azureを使ったサーバー構築を行うためには、まずMicrosoft Azureの概要と基本操作を学習することをおすすめします。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MSC0517V 1日 60,000円

Azureで提供されているサービスを組み合わせてシステムを構築したい方

Microsoft Azure Web Apps と SQL Database によるアプリ開発入門

Microsoft Azure Web AppsおよびSQL Databaseを組み合わせれば、簡単にWebアプリケーションを開発することができます。
これまでオンプレミスで培ってきたWebアプリケーション開発スキルと、Microsoft SQL Serverのノウハウを、そのままクラウドアプリケーション開発に有効活用することができるため、Azureが提供するPaaS関連サービスの選択肢の中でも、開発者の方にとっての技術的なハードルが最も低いソリューションと言えます。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MSC0538G 1日 60,000円

社内ネットワークとAzure上の仮想サーバーを接続し、システムを構築したい方

Microsoft Azureによるサイト間ネットワークの構築

実際のITシステムでは、クラウドサービスだけを使うことは少なく、社内ステムと連携させることが多いでしょう。この時に使われるのがサイト間接続です。
サイト間接続を使えば、クラウドと社内(オンプレミス)にサーバーを分散配置しながら、統合管理ができるようになります。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MSC0528V 1日 60,000円

Azureによる災害回復(DR)

Microsoft Azureによるサイト間ネットワークの構築

災害回復(DR)はビジネス上の大きな課題ですが、その実現には大きな初期コストと継続的な運用コストがかかります。
しかし、クラウド上にバックアップサイトを構築すれば、初期投資を抑え、最小限の運用コストでDRを実現できます。 また、DR用に構成したサイトを社内システムと切り離すことで、クラウド移行ツールとして使うことも可能です。
「Microsoft Azureによる災害復旧手法」では、Hyper-V仮想マシンをAzureへバックアップする方法や複製の方法について学習します。

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MSC0563G 1日 60,000円
≫関連コース一フローはこちら

↑ページの先頭へ戻る

詳しく学びたい方向けのコース

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
MSC0520V 5日間 250,000円
このコースでは、既存の ASP.NET MVC アプリケーションを Azure へ配置する一環として機能を拡張する方法を学習します。そのため、クラウド内の高可用性ソリューションを構築する際に必要となる考慮事項に焦点を当てます。
なお、このコースは、アプリケーションのスケールアップ(垂直方向への拡張) の開発経験を持つ受講者を対象としています。また、Microsoft Azure プラットフォームと提供されるサービスに関する基礎知識と使用経験があることも前提です。

【対応MCP試験】70-532: Microsoft Azure ソリューションの開発
MSC0522V 5日間 250,000円
このコースは現在オンプレミスな環境でインフラストラクチャの管理を行っている方に Microsoft Azure を紹介し、Azure のインフラストラクチャを管理する方法をお伝えします。

【対応MCP試験】70-533: Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装
≫関連コース一フローはこちら

↑ページの先頭へ戻る

関連情報


Windows Server 2012への移行
セミナー録画:Microsoft Azureで負荷分散された仮想マシンの作り方
無料セミナー「Microsoft Azureで負荷分散された仮想マシンの作り方」(2015年5月20日開催)75分間を録画したものです。


【公式コラム】Win Win Windows 【公式コラム】Win Win Windows にMicrosoft Azure連載中!
 ●Microsoft AzureによるITインフラの拡張
 ●Microsoft Azureによる社内IT基盤の拡張
 ●Microsoft Azureの復旧サービスを使ったバックアップ



↑ページの先頭へ戻る

グローバルナレッジでは、クラウド時代に求められる人材育成を支援するため、クラウドサービスの基本概念を解説する、初級コースから、クラウドサービスを利用するIT部門の方、クラウドサービスを構築するベンダーやクラウドサービスの提供者に向けた各種コースを提供しています。

AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform、SoftLayer、Salesforce、
その他パブリッククラウドはじめ、クラウド人材育成トレーニングはこちらから。

無料セミナーやキャンペーンの情報をお届けします!

DM・メルマガ

グローバルナレッジの最新情報を毎週1回メールマガジンでお届けしています。
PC、タブレット、スマートフォンなど、いつもの端末でお気軽にお読みになれます。

メールマガジンを登録する