ホーム > 【ラック共催】情報セキュリティ事故対応1日コース 机上演習編

【ラック共催】情報セキュリティ事故対応1日コース 机上演習編

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル 【ラック共催】情報セキュリティ事故対応1日コース 机上演習編
コースコード SCC0147V  
コース種別 集合研修 形式 講義+机上演習
期間 1日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 120,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2016年11月1日(火) ~ 2016年11月1日(火)

大阪CVC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「残りわずか」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

★ NEW ★
2016年3月より、株式会社ラックと共催で、「情報セキュリティ事故対応1日」コースの大阪開催を開始しました。

対象者情報

対象者
・情シス・セキュリティ推進部門担当者
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
前提条件
□特にありません

学習内容の詳細

コース概要
組織において情報セキュリティ事故が発生した際の対応方法を学ぶコースです。
座学で事故対応の一連の流れを学習した後、ストーリー仕立てのシナリオに沿って机上演習を行い、事故対応を体験します。
お客様への謝罪のタイミング、サービスを止めるか否かなどのハンドリングを行う責任者の方、部門長の方におすすめです。
学習目標
●被害者、顧客、警察など対外対応や、社員に対する対社内対応を経験し、具体策を検討する
学習内容
【午前:座学】
■インシデントレスポンスの考え方(知識編)
1. インシデントレスポンスとは?
 - インシデントレスポンスのサイクル
 - インシデントレスポンスと事業継続管理
 - サプライチェーン上の依存関係

2. インシデントレスポンスの方法論
 - 各フェーズで行うこと
 - インシデントレスポンス手順書
 - CSIRT (Computer Security Incident Response Team)
 - 外部組織との連携
 - 検知と分析
 - トリアージ(優先順位付け)
 - 封じ込め、根絶、復旧
 - ディスクのコピー
 - 事件後の対応
 - 再発防止策の検討

【午後:机上演習】
■インシデントレスポンス机上訓練
 - 訓練の進め方説明
 - 仮想組織の概要説明
 - 演習
 - ディスカッション

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
机上演習

ご注意・ご連絡事項

・最少催行人数に達しない場合には中止になる場合がございます。
・コース内容は変更される可能性があります。

受講者の声

インシデントのシナリオと段階的に示される情報が一致していて、 結論に辿り着く事が出来た。レスポンスの状況判断を演習するための素晴らしい素材だと感じた。
想像していたものよりもずっとリアリティのある対応訓練でした。 きわめて実践的な内容で、役に立つコースでした。
最似体験する事により今後のCSIRT構築等の参考になった。