ホーム > 【PDU対象】プロジェクトマネージャの基本行動

【PDU対象】プロジェクトマネージャの基本行動

  • PMP®事前学習時間 14時間
    PMP®受験前提として参入可能時間
  • 14 PDU (Technical)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】プロジェクトマネージャの基本行動
コースコード ON081  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 1社様向け
主催 グローバルナレッジ
このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

★★★ このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。★★★

対象者情報

対象者
・現在プロジェクトマネージャやプロジェクトリーダーをなさっている方
・今後プロジェクトマネージャやプロジェクトリーダーを目指す人
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、プロジェクトマネージャとしてプロジェクトの各局面で何をどう考え、何を行えばよいか、という点について学びます。また、プロジェクトメンバが「顧客のことをよく知り」何をどう考え、何を行えばよいか、という点を指導する方法を学びます。メンバーを育成するために、プロジェクトマネージャとしてのコミュニケーション、リーダーシップ、メンバー説得方法を学びます。そして、お客様に信頼される「プロジェクトマネージャ」になるために、自ら持つべき能力、ものの見方考え方を理解し、現在の自分の行動レベルを自己評価します。また、そのために日頃必要な行動がとれるようになることを目指し、具体的な行動計画を作成します。
(なお、このコースではプロジェクトマネジメント手法等については触れません。)
学習目標
● プロジェクトマネージャの役割を理解し、行動する
● プロジェクトの各局面での役割を理解し、行動する
● お客様から信頼されるための日常行動をメンバーに指導する
● プロジェクトマネージャとしてのリーダーシップを発揮する
● プロジェクトマネージャとしてメンバーを説得する
学習内容
1. プロジェクトマネージャの役割
  - プロジェクトの定義/三要素/特徴
  - プロジェクトマネージャの役割

2. 信頼されるプロジェクトマネージャに必要な能力
  - 仕事に必要な10の能力
  - 主要マネージメント能力
  - プロジェクトの成功の鍵/失敗の理由

3. プロジェクトマネージャが行うべき行動
  - プロジェクトマネージャの業務
  - 開始期/進行期/導入期のプロジェクトマネージャの行動
  - プロジェクトに強いプロジェクトマネージャの条件

4. お客様から信頼されるための日常行動
  - 顧客企業、業界を知る
  - 対人対応法(自分を知り、相手を知る)

5. プロジェクトマネージャのコミュニケーションとリーダーシップ
  - チームビルディング
  - プロジェクトマネージャのリーダーシップ
  - 目標設定/コーチング/指示/フィードバック/動機づけ/リーダーシップスタイル
  - コミュニケーション
  - 決断力

6. メンバー・協力会社説得方法(説得交渉)
  - ネゴシエーションの基本
  - メンバー・協力会社説得手順
  - ロールプレイ実施

7. 今回学んだことからの目標設定
  - 今後6ヶ月間に実施する目標を設定する

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
特になし
実習/演習/ デモ内容
・プロジェクトマネージャの役割、必要とされる能力等についてグループ討議を行い、発表を行います。

ご注意・ご連絡事項

・PMP®継続認定プログラムの要件として、14PDUを申請取得できます。
・PMP®受験前提のための受講時間として、14時間算入できます。