ホーム > 【PDU対象】協働的リーダーシップ ~ コラボレーションを生み出しチームを結束する ~

【PDU対象】協働的リーダーシップ ~ コラボレーションを生み出しチームを結束する ~

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • 14 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】協働的リーダーシップ ~ コラボレーションを生み出しチームを結束する ~
コースコード AMC0055V  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:00~17:00 価格(税抜) 120,000円(税抜)
主催 グローバルナレッジ
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2017年10月19日(木) ~ 2017年10月20日(金)

東京会場(未定)

  空席あり

実施確定

2017年12月4日(月) ~ 2017年12月5日(火)

東京会場(未定)

  空席あり

2018年2月7日(水) ~ 2018年2月8日(木)

東京会場(未定)

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ グローバルナレッジ主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

※本コースは、AMC0029V「【PDU対象】成果に繋がる協働力」の後継コースです。


リーダーシップには様々なスタイルが存在します。

本セミナーでは、以下2つの代表的なリーダーシップスタイルのうち、主に協働的リーダーシップにフォーカスして学習します。


・直接的リーダーシップ(Top-Down)

 インタラクション(交流、対話)がほとんど必要でない場合

・協働的リーダーシップ(Side-by-Side)

 インタラクション(交流、対話)が多く求められる場合

対象者情報

対象者
・「直接的リーダーシップ」ではなく「協働的リーダーシップ」を習得したい方
・多様なメンバー同士のコラボレーションを生み出す必要がある方
・個々のメンバーの個性と能力を引き出し、インスパイアする必要がある方
・チームメンバー同士の信頼感と結束を生み出す必要がある方

学習内容の詳細

コース概要
ビジネス環境の変化により、多様な人々と協働して成果をつくる必要性が
高まっています。
ところが国籍、文化、世代、性別の異なる人々と成果を作ることは、
簡単なことではありません。
また昨今は、一人で完結しない仕事やプロジェクトチーム単位での業務が増えています。
多様なメンバーで構成されたチームを結束させ、個々のメンバーのパフォーマンスを
高めるスキルが必要となります。
そこで、チームのリーダーには個性や能力の異なる多様なメンバーをリードする
「協働的リーダーシップ」が求められています。
「協働的リーダーシップ」とは、チームメンバー同士がコラボレーション(協働)をして、
成果を生み出すように導くリーダーシップです。
本セミナーでは、リーダーとしてチームのビジョンや目標を明確にし、
個々のメンバーの能力を最大限に引き出し、チームに信頼感と結束を生み出すための
意識とスキルを習得します。
学習目標
● 個々のメンバーが主体的にアイデアと解決策を出すように導く
● 個人が最大限に能力を発揮できるようサポートする
● メンバー同士の信頼感を高め、結束力のあるチームを作る
● 組織内におけるリーダーとしての自分の影響力を高める
● 協働する際に生じる様々なコンフリクトへの対処法と解決法を見出す
学習内容
1. コラボレーションとは
  ビジネス環境の変化による、多様な人々とのコラボレーションの重要性を再認識し、
  コラボレーションの定義、コラボレーションが有効な時、必要でない時などを理解し、
  議論や演習を通して優れたチームに共通する要素を学習します。

2. 協働的リーダーになる
  リーダーシップとリーダーシップスタイルについて学び、特に多様なメンバーを
  リードする際に役立つ「協働的リーダーシップスタイル」について理解します。
  リーダーとしてチームのビジョンや目標を明確にし、メンバー同士の信頼を高める方法、
  チームメンバー以外のネットワークを構築し広げる方法をアセスメントやゲーム、
  演習を通して学びます。

3. チームを結束するプロセスづくり
  チームを結束するために必要な規律あるプロセスづくりや、効果的なコラボレーションを
  生み出す三要素について学びます。
  コラボレーションを妨げる様々な要因を認識し、それに対処する方法、
  特に連帯感が欠如している人に対して、具体的にコーチングする方法をビデオや
  演習を通して学習します。

4. コラボレーションの為のコミュニケーション
  コミュニケーションの4つのレベルについて学び、チームのコミュニケーションレベルを
  評価します。
  文化、世代、ジェンダーなどの異なる人々と効果的に協力関係を築くために必要な
  コミュニケーションスキルを学びます。
  さらに、コンフリクトへの5つのアプローチについて理解し、有効な対処法も
  アセスメント、ケーススタディを通して具体的に学びます。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
DVDを観る
実習/演習/ デモ内容
・本コースは講義と演習をバランスよく盛り込み、学んだ内容をご自身の中でしっかりと落とし込んでいただける構成です。また、参加者同士のディスカッションを通して、多くの気づきも得ていただけます。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは、AMC0029V「【PDU対象】成果に繋がる協働力」の後継コースです。
・本研修申込時にご提供いただいた個人情報は、グローバルナレッジマネジメントセンター株式会社にも提供し、研修・キャンペーン・イベントその他アップデート情報等をご案内するために利用させていただきます。