ホーム > シスコシステムズ認定トレーニング > トピックス > CCNP対応の試験対策コース CCNP BOOT CAMP

CCNP対応の試験対策コース CCNP BOOT CAMP

CCNP対応の試験対策コース CCNP BOOT CAMP

CCNP試験とは

実践的なスキルを身につけながらCCNP試験合格を目指す

CCNP試験は、ルーティング(ROUTE)、スイッチング(SWITCH)、トラブルシューティング(TSHOOT)の3科目から構成されます。

今日のネットワーク環境においては、従来のプロバイダなどのキャリアネットワークや企業などのエンタープライズネットワークだけでなく、仮想化されたデータセンターネットワークなど、大規模かつ複雑化したネットワークの設計・構築・保守・運用に対応できるエンジニアが求められています。

このような環境の中で、CCNP試験では、大規模かつ複雑化したネットワークのコアとなる高度な「ルーティング」、「スイッチング」技術に特化し、設計・構築・保守・運用に関する技術を効率よく修得できるようになっています。さらに「トラブルシューティング」では、ルーテッドネットワークやスイッチドネットワークにおいて、実務を想定した環境でのトラブルシューティング手法を学習します。

グローバルナレッジでは、実践的なスキルを身につけながらCCNP試験合格を目指す貴方におすすめの、CCNP BOOT CAMPコースを展開しています。皆様のご参加をお待ちしています!


↑ページの先頭へ戻る



CCNP改訂について

【NEW】CCNP改訂のご案内

2014年7月29日、シスコシステムズ社によりCCNP試験の改訂が正式発表され、
CCNPは"CCNP Routing and Switching"が正式名称となりました。また、試験科目であるROUTE/SWITCH/TSHOOTはバージョンが2.0となり、試験トピックの内容が一部変更されました。

日本語試験がスタート!

CCNP Routing and Switching v2.0(ROUTE/SWITCH/TSHOOT)日本語試験が2015年1月29日にスタートしました。

◇Cisco社のアナウンスはこちら◇
http://www.cisco.com/web/JP/learning/certifications/professional/ccnp.html

グローバルナレッジでは新試験に対応したコースを開始しています。
CCNP改訂の詳細は、こちらをご覧ください。

FAQ(よくあるご質問)

CCNP Routing and Switchingについてよくあるご質問をまとめました。
詳細はこちらをご覧ください。


↑ページの先頭へ戻る



CCNP Routing and Switching 認定

認定条件

  1. CCNA Routing and Switching 認定またはいずれかの CCIE 認定を取得する
  2. ROUTE(642-902 or 300-101)/ SWITCH(642-813 or 300-101)/ TSHOOT(642-832 or 300-135)の3科目に合格する

※CCNP R&S認定取得に必要な試験の組み合わせは、下記シスコ社のWebサイトで確認できます。
 CCNP Exam Combination Tool

旧試験(v1.0)と新試験(v2.0)のスケジュール

CCNP v1.0とv2.0のスケジュール


↑ページの先頭へ戻る



グローバルナレッジのCCNP BOOT CAMPの特徴

1. 講義、演習、朝テスト、確認問題集、試験がセットになり、
5日間で効果的に資格取得できるプログラム

bootcampは講義、演習、自習用問題集、受験、受講後サポートの5つの構成です
  • クラスルームコースの「試験あり」でお申込みいただくと、最終日の15:00から対象試験の受験が可能です。
    ※「試験あり」コースの場合、最終日に受験することもできますが、受験バウチャーを受け取り、後日最寄りのVUEテストセンターで受験することもできます。
    ※「試験あり」コースの最終日の試験サービスは、新宿・大阪会場のみです。他会場は、受験バウチャを配布します。

  • Virtual Classroomコースの「バウチャー付き」でお申込みいただくと、該当試験の受験バウチャーが付属します。
    ※コース最終日にグローバルナレッジで受験することはできませんが、最寄りのVUEテストセンターで受験することができます。

  • 2日目以降は毎朝確認テストを実施し、前日のポイント復習することで、確実に知識を積み重ねていきます。

  • 試験問題は実践に近い内容で出題されます。そのため多くの問題を解いて応用力を付ける必要があります。 より実践に近い確認問題集が付属しており、効率よく学習することができます。

2. 教室形式やオンライン受講など、
多様なコース形式からご自身にあった学習スタイルを選択可能

クラスルームコース 5日間コース (9:30~18:00)

短期間で集中して合格を目指す方には、他の受講者と一緒に集中して学べるクラスルームコースがおすすめです。

タイムテーブル例:試験ありコース

タイムテーブル

Virtual Classroom 5日間コース (9:30~18:00)

  • グローバルナレッジのVirtual Classroomは、インターネット経由で講師によるリアルタイムの講義を双方向で受講できるサービスです。
  • Web会議システム、オンラインラボなどの技術を組み合わせて、リアルな教室環境と変わらない学習効果をもたらす受講環境を提供します。
  • 研修会場への移動にかかるコスト(交通費・宿泊費・時間)を削減でき、特に遠方の方におすすめです。

3. 豊富な演習カリキュラムによる、実践的なスキルの修得

  • インターネット上のCiscoリモートラボを使用します。
  • 試験対策用の知識のつめこみではなく、「業務で使えるスキル」を習得します。
  • 1人1アカウントをわりあてるため、研修時間以外にも休憩時間や自習時間を利用して自分のペースで学習を進められます。

◆Cisco社のリモートラボ「Cisco Lerning Labs」とは◆

  • Cisco社が提供する試験学習用のバーチャルラボ
  • インターネットアクセス可能な環境であれば、お客様先でも弊社研修会場と同様の研修環境を提供可能
Cisco社のリモートラボの特徴

4. 一社向け特別設定コースの開催も可能

  • ご要望に応じて、お客様先で実施することが可能です。
  • 弊社ではこれまでに一社向け特別設定コースの実績が多数あり、多くのCCNP合格者を輩出しております。
  • 内容をカスタマイズして実施することも可能ですので、詳しくはお問い合わせください。
◆お問い合わせ先: Webお問い合わせフォームはこちら

↑ページの先頭へ戻る



CCNP BOOT CAMP コースの概要

Implementing Cisco Routing (ROUTE) v2.0
~CCNP BOOT CAMP ルーティング編~

Ciscoルータを用いた中規模や大規模ネットワークで使用するルーティング技術と、各種ルーティングプロトコル間での再配送について、仕組みや理論を学習します。また、IPv6やブランチオフィスを接続するためのソリューションなどについても学習します。演習では、ルーティングプロトコルを利用してカスタマのネットワーク環境を構成するために必要とされる設定およびトラブルシューティング技術を学習します。
※ コースコード:CSC0340Vでお申込みの方のみ、最終日午後に、ROUTEv2.0試験「300-101J ROUTE」を受験します。

構成 価格(税抜) 日数 形式 コースコード
(詳細ページへリンク)
講義+演習+試験または
バウチャー
295,000円 5日間 クラスルーム
Virtual
Classroom
講義+演習
【試験なし】
265,000円 5日間 クラスルーム
Virtual
Classroom

Implementing Cisco IP Switched Networks (SWITCH) v2.0
~CCNP BOOT CAMP スイッチング編~

高速イーサネットのマルチレイヤスイッチングテクノロジを用いた大規模キャンパスネットワークの構築方法を学習します。レイヤ2とレイヤ3技術をカバーし、Catalystスイッチにおけるルーティングとスイッチングの両方の技術を学習します。また、認証およびポートセキュリティといったネットワークの最適化手法を実践的に学びます。その他、キャンパスネットワークへの無線LAN技術の導入方法についても学習します。
※ コースコード:CSC0342Vでお申込みの方のみ、最終日午後に、SWITCHv2.0試験「300-115J SWITCH」を受験します。

構成 価格(税抜) 日数 形式 コースコード
(詳細ページへリンク)
講義+演習+試験または
バウチャー
295,000円 5日間 クラスルーム
Virtual
Classroom
講義+演習+
【試験なし】
265,000円 5日間 クラスルーム
Virtual
Classroom

Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks (TSHOOT) v2.0
~CCNP BOOT CAMP トラブルシューティング編~

ルーテッドネットワーク、およびスイッチドネットワークにおける、ネットワークのモニタリングやトラブルシューティングの手法を学習します。ルーテッドネットワークについてはEIGRPやOSPFなどの各種ルーティングプロトコルを使用した際のトラブルシューティングについて、スイッチドネットワークについてはVLANやスパニングツリーなどを使用した際のトラブルシューティングについて講義と実践的な演習を通して学習します。
※ コースコード:CSC0344Vでお申込みの方のみ、最終日午後には、TSHOOTv2.0試験「300-135J TSHOOT」を受験します。

構成 価格(税抜) 日数 形式 コースコード
(詳細ページへリンク)
講義+演習+試験または
バウチャー
295,000円 5日間 クラスルーム
Virtual
Classroom
講義+演習+
【試験なし】
255,000円 5日間 クラスルーム
Virtual
Classroom

↑ページの先頭へ戻る



ご質問、お問い合わせはお気軽に!

お問い合わせ

資格要件の確認や、対象のトレーニングのご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

↑ページの先頭へ戻る